>> 株式投資で損ばかりしている方へ、、、
    とりあえず、これを読んでみて下さい

    ↑これにはホント驚きました!!

戻る
株価チャート練習帳

人気ランキング : 3234位
定価 : ¥ 1,680
販売元 : 東洋経済新報社
発売日 : 2006-01-27

価格 商品名 納期
¥ 1,680 株価チャート練習帳 通常24時間以内に発送
やっぱオイラがシロートだから?

自分は基本的にファンダメンタリスト+バリュー投資タイプ(ちょっとランダムウォーク混じり)ではあるけども、あま
たあるテクニカル指標を理解したり、チャートがわかるようになることが無意味だとは思っていないので、入門書
として購入。
ただ、読んでる時にしきりにアタマを離れなかったのは、これって結局、後知恵というか後付けの理屈でしかな
いのでは?ということ。とくに練習問題を解くたびに(まぁ、たしかに著者の意図に沿わないケースを出しても意
味はないけど)そこらへんがずーっと釈然としない気持ちが積み重なってしまった。

入門書には最適、ただし

 株を始めるにあたり、この本を買いました。株に全く知識のない段階でしたが、
非常にわかりやすく書かれており、チャートの読み方や、株の基本がすぐに理解できました。
他に何冊か読みましたが、これが一番入り込みやすかったです。
0から入門する方にはお勧めです。
 ただし実践となると、この本に書かれているような、ローソクの形のみの判断で
売買行動を取るのは危険です。最近の市場では、タスキ、ハラミ等のローソクの組み合わせや、
一目均衡表などのテクニカル指標は無効化しつつあります。「こういう法則性があるんだよ」という、
あくまで基本的な事のみを学ぶに留めましょう。実際の市場には、外資の思惑、
海外株との同調、決算発表などの、法則を飛び越えた様々な要因が存在します。

 市場で実際に売買を繰り返してみてると、移動平均線の法則がかなり重要なことに
気づきます。それをしっかり学べるだけでも、十分な価値があります。
 

初心者にも中級者にもお奨め

非常にコンパクトにまとめられた良い本です。目次がチェック項目を兼ねているので弱いところを確認するのに使えます。受験参考書みたいな作りです。実際、練習問題があり、最後に卒業テストまで用意されています(全て解答・解説付き)。内容はローソク足と移動平均線と出来高でチャートを読み、トレードしていくというオーソドックスなものですが、オシレーター系指標の読み方についても簡単に触れています。スイングトレードで上手になるためのヒント満載です。中級者は拾い読みでも十分でしょう。これ一冊の内容をマスターすれば、知識面で必要なものは十分だと思います。あとは実践あるのみ。実際に小額資金から投入し相場で技量を磨きましょう。信用売りについても触れていますが、これは現物の保険(下落リスク回避)としての考え方からです。相場で上手に生き残り、資産を着実に増やしましょう。

チャートの教科書・参考書・問題集です!

株取引をする上でPER、PBRなどの基本的なことを学ぶことは非常に大事ですが、
売買を実践する上でどの銘柄を買うか、いつ売るかを決めるときは、やはりチャートを見ないとはじまらないでしょ。
これまでも同じようなチャート本はありますが、
本書は練習問題があることでより理解が深まります。
(実際のチャートで出題されるのでわかりやすい)
私の活用法は週末の銘柄探し
この本に書かれているチャートパターンに当てはまるか確認し、週明け買いに行きます。
思惑通り動いたら癖になり、必勝を確信するまでになります。
株価が逆に動いてもあわてず損切りするか、持ち続けるかを判断することも学びました。
なんやかや言っても買ってから1年、儲けに結びついた1冊です。
内容も詳しく、項目やパターンもいっぱいでチャートバイブル参考書的でお勧めします。

良書ですが実践は慎重に?

ローソク足や、移動平均線などに注目するだけで、勝率を上げることができることを、チャート例や例題を挙げて説明した良書です。
とても理解しやすいです。
ただ、この本が怖いのは、あまりにチャート例が法則に素直に上下しており、
私もふくめ初心者が、それがどのチャートにも当てはまる事実であると、信じきってしまうことでしょう。
もちろん、法則は間違っていないと思いますが、ここで得た知識を過信しないことが大事だと思います。
その点で、著者が「少なくとも3カ月は、わかば期間をもつ」とフォローしているのは、責任逃れではなく、本当のことなのだなと頷けます。

このページのトップに戻る
当サイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されております。