ハードディスクの豆知識Top >  ハードディスク >  ハードディスクの選び方

ハードディスクの選び方

ハードディスクを選ぶ時に難しいのは、価格とハードディスク容量とのバランスです。
同じ価格であれば、容量が大きいに越したことはありません。
しかし、一般的には大容量のハードディスクほど値段が高くなっています。

最近では1万円台のハードディスクがありますので、これはお買い得だと思います。
それ以下の値段の場合は、急にハードディスクの容量が小さくなってしまいますので、費用対効果も不利になります。
場合によっては、わずか数千円の違いで容量が半分近くになってしまうケースもあります。
反対に、最新の大容量ハードディスクならば、急に値段が高くなります。

ハードディスクの大容量化が急速に進んでおり、だいたい3年程度で容量が倍近くになっています。
同じ金額を出すのであれば、あとになればなるほど安く容量の大きなハードディスクが手に入るわけです。
それを考えると、高い大容量ハードディスクを無理をして買うよりも、手ごろな値段のハードディスクを選んでおくのが賢い方法です。
近い将来、ハードディスクの容量が不足してきたときに、その時期に最もお買い得なハードディスクに交換すればよいのです。
また、ハードディスクは容量が大きくなるほど一般的に読み書きも高速であるため、スピードアップの効果も得られます。

関連エントリー

ハードディスクの豆知識Top >  ハードディスク >  ハードディスクの選び方