ハードディスクの豆知識Top >  ハードディスク >  ハードディスクの破損とデータ復旧費用

ハードディスクの破損とデータ復旧費用

ハードディスクのデータ障害は、大きく分けて論理障害と物理障害の2種類があります。

論理障害とはハードディスク自体は破損していなくても、データを読み込むことができない障害です。
具体的には、OSの不具合や、ファイルシステムの損傷、誤操作によるファイル削除などが該当します。

物理障害とは、スピンドルモータの故障やヘッドクラッシュ、電気系障害などが挙げられます。
論理障害であれば、市販ソフトの利用によって、データの復旧が可能となる場合もあります。
しかし、ハードディスクが物理障害が発生した場合は、設備機械の整っている専門のデータ復旧業者へ復旧依頼をする必要があります。

これらのハードディスクのデータ復旧費用はですが、
軽度の論理障害であれば、3万円前後、
重度の論理障害であっても5万くらいでデータの復旧ができるようです。
また、データの復旧は1日程度あればできてしまいます。

しかし、データが物理障害であった場合には、データの復旧に専門の設備機械が必要なため、大きく費用がかさみます。
軽度の物理障害であっても一万円前後、
重度の物理障害であれば40万円を超えるようです。


ハードディスクのデータ復旧費用が40万円を超えてしまうのであれば、十分に新しいパソコンが買える金額ですが、
どうしても復旧しなければならないデータであるならば仕方がないでしょう。

関連エントリー

ハードディスクの豆知識Top >  ハードディスク >  ハードディスクの破損とデータ復旧費用