ハードディスクの豆知識Top >  ハードディスク >  ハードディスクの破損とデータ復旧

ハードディスクの破損とデータ復旧

パソコンを使っている時に、突然パソコンから「キリキリ」とか「カリカリ」といった音が聞こえてきて、
その後ハードディスクにアクセスできなくなった場合などは、ハードディスクの破損である可能性が高いです。

そのような音がハードディスクの中からしている場合は、ディスクを読み取る針の部分がディスクに接触して音をだしている可能性があります。
データを誤って消去してしまった場合でしたら、データの復旧を復旧ソフトなどによって行うこともできます。
しかし、ハードディスク自体が故障すれば、専門業者に依頼してデータの復旧を行ってもらうしかありません。

ハードディスクからデータ復旧してくれる専門業者はたくさんありますが、
専門業者の中にはクリーンルームを備えているところもあるようです。
クリーンルームあれば、より安全で、よりクリーンな状態で、緻密なハードディスクの分解及び復旧作業ができるようになります。
よって、クリーンルールを持たない、普通の空間で作業をしている業者と比べて、より高い確率でデータ復旧できるようです。
また、それなりの技術を持った優秀な技術者がいるのかどうかによっても結果が変わってくるようです。

ハードディスクのデータ復旧は、どこの業者でも同じではないようです。

関連エントリー

ハードディスクの豆知識Top >  ハードディスク >  ハードディスクの破損とデータ復旧